Blog

税務情報

納税通信3718号 vol.2
【亡くなった父の不動産 準確定申告が必要?】

April 14, 2022

その他

Q2 亡くなった父の不動産 準確定申告が必要?

 

 今年1月に亡くなった父は年金の他に不動産収入があったため、毎年確定申告をしていました。1月分の不動産収入は20万円弱で、経費を除くと15万円程度です。このような場合にも準確定申告は必要でしょうか?

 

A2 公的年金等の収入が400万円以下で、それ以外の所得が20万円以下なら、確定申告も準確定申告も不要です。

 

 相続人は、1月1日から被相続人が死亡した日までの所得と税額を計算して、4カ月以内に申告および納税しなければなりません。ただし、公的年金などの収入が400万円以下で、かつ公的年金等に係る雑所得以外の所得が20万円以下であれば、そもそも確定申告の必要がなく、同様に準確定申告も必要ありません。

 準確定申告の対象となるのは1月1日から被相続人が亡くなった日までの所得です。配偶者控除や扶養控除等の適用の有無に関する判定(親族関係やその親族等の1年間の合計所得金額の見積り等)は、死亡の日の現況により行います。

 

 

 準確定申告は、亡くなった人の相続人となる人全員が行う必要があるため、「確定申告付表」を用いて全相続人が連署します。連署を行わず、各相続人が個別で申告を行うこともできますが、その場合には他の相続人に申告内容を通知しなければなりません。

 

 

納税通信 』 は、オーナー社長向け財務・税務専門新聞です。
発刊から約70年、経営者のみならず、会社経営のパートナーである税理士等専門家からも貴重な情報紙として多くの支持を得ています。

税務のご相談は増田浩美税理士事務所 までクローバー

Prev   Next