Blog

税務情報

納税通信3716号 vol.3
【老人ホームにいた母の死 空き家特例は適用可能?】

April 08, 2022

その他

Q3 老人ホームにいた母の死 空き家特例は適用可能?

 

 昨年母が亡くなり、母が住んでいた自宅を相続しました。私はすでにマイホームがあるため売却を検討しています。母は父が亡くなってから一人暮らしでしたが、亡くなる前2年ほどは老人ホームにいました。「空き家特例」は適用できますか?

 

A3 亡くなった方が要介護認定を受け、かつ相続直前まで老人ホームに入所など一定の要件を満たせば認められます。

 

 亡くなった人の自宅を相続で取得して売却して得た金額は、一定の要件に該当することで所得から3000万円まで控除することができます。これを、「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」(空き家特例)といいます。

 特例の対象となる家は、亡くなる直前に被相続人が住んでいたことが最も重要な要件ですが、ご質問のように、亡くなる直前に老人ホーム等に入居していても一定の要件を満たせば適用可能です。

 要件とは、介護保険法に規定する要介護認定等を受け、かつ相続の開始の直前まで老人ホームに入所をしていたことや、入所から亡くなる直前まで被相続人が「一定の使用」をしており、さらに事業に使っていないなどです。

 

 

 相続の開始があった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに売ることが要件となっています。相続後、売却を検討している場合には、売却の時期に注意しましょう。

 

 

納税通信 』 は、オーナー社長向け財務・税務専門新聞です。
発刊から約70年、経営者のみならず、会社経営のパートナーである税理士等専門家からも貴重な情報紙として多くの支持を得ています。

税務のご相談は増田浩美税理士事務所 までクローバー

Prev   Next