Blog

税務情報

納税通信3690号 vol.1
【遺言で姉が財産を取得 親による相続と異なるの?】

September 24, 2021

資産税

Q1 遺言で姉が財産を取得 親による相続と異なるの?

 

 先日亡くなった弟の遺言には、全ての財産を姉である私に相続させるとありました。弟は未婚で配偶者や子どもはいませんが、私たちの母はまだ存命なので、本来の法定相続人は母となりますが、私が相続する場合と母が相続する場合で相続税の計算は異なるのでしょうか。

 

A1 相続した人が、被相続人の配偶者、父母、子ども以外は相続税が2割加算となります。

 

 遺言がなく、法定相続人が遺産分割協議をして遺産を引き継ぐことを「相続」といいます。これに対し、遺言により財産の一部またはすべてを相続人以外の者や団体に譲り渡すことを「遺贈」といいます。

 「遺贈」は、相続人はもちろん、相続人以外にも財産を譲ることができるため、お世話になった特定の人やNPO団体、学校等の教育機関などにも自身の財産を譲り渡すことができます。

 遺贈によって受け取った財産にも相続税がかかる可能性があります。この計算方法は、通常の相続で支払う相続税の計算方法と基本的な違いはありません。ただし、財産を取得した人が被相続人の配偶者、父母、子ども以外の者であれば、相続税額にその20%相当額が加算されます。

 

 

 不動産の相続には不動産取得税はかかりませんが、遺贈財産を指定する「特定遺贈」は不動産取得税がかかります。このように、遺贈は税負担が大きくなるケースがあるため、その点を考慮して遺言書を作成するようにしましょう。

 

 

納税通信 』 は、オーナー社長向け財務・税務専門新聞です。
発刊から約70年、経営者のみならず、会社経営のパートナーである税理士等専門家からも貴重な情報紙として多くの支持を得ています。

税務のご相談は増田浩美税理士事務所 までクローバー

Prev   Next