Blog

税務情報

納税通信3689号 vol.3
【相続財産の骨董品 価値不明の評価方法】

September 16, 2021

資産税

Q3 相続財産の骨董品 価値不明の評価方法

 

 骨董品を集めるのが趣味だった父が亡くなりました。私を含め遺族は骨董に興味はなく、価値のあるものなのかも分かりません。価値の不明な品物は相続税の申告にあたりどう評価すればよいのでしょうか。

 

A3 5万円以下のものは一括評価、それ以外は専門家への鑑定依頼などが必要です。

 

 一般動産の価額は、売買実例価額(実際に売った場合にいくらで売れるのか)や精通者意見価格(専門家の鑑定)等を参考にして評価しますが、それらが明らかでなければ、同種および同規格の新品の価額から減価分を差し引いた金額とします。この一般動産は、原則として、1個または1組ごとに評価しますが、1個または1組の価額が5万円以下のものについては、1点ごとに評価額を決めるのではなく、「家財一式」のように、一世帯ごとに一括して評価することができます。

 なお、思わぬ高額な骨董品と評価され、高額な相続税を支払うことができないときは、相続放棄や国・地方公共団体に寄付、売却するといった方法もあります。相続放棄や寄付には相続税はかかりませんが、売却は、相続税の他に所得税の負担も生じることになりますので注意しましょう。

 

 

 骨董品や美術品は安易にガラクタと判断せず、落款や署名がないか、美術年鑑に記載されていないか、箱や資料などの付属物はないかなどを確認し、専門家に鑑定を依頼するなどの対応が必要です。

 

 

納税通信 』 は、オーナー社長向け財務・税務専門新聞です。
発刊から約70年、経営者のみならず、会社経営のパートナーである税理士等専門家からも貴重な情報紙として多くの支持を得ています。

税務のご相談は増田浩美税理士事務所 までクローバー

Prev   Next