Blog

税務情報

納税通信3756号 vol.2
【相続財産が自宅のみ 兄弟でどう分ける?】

January 19, 2023

その他

Q2 相続財産が自宅のみ 兄弟でどう分ける?

 

 父は既に他界しており、母も高齢のため、母の相続について、長男である私と弟の二入で近々話し合います。対象となる相続財産の大部分は自宅不動産のため、決定相続通りに分けるのは現実的ではないと思いますが、何か良い方法はありませんか?

 

A2 どちらか一方が不動産を相続し、もう一方に一定額を支払う代償分割という方法があります。

 

 相続財産が現金や預金であれば、平等に法定相続分通り分けることは簡単です。しかし、相続財産が土地建物やマンションのような不動産しかない、もしくは大部分が不動産という場合に、法定相続分通りに分けるのは容易なことではありません。法定相続分の割合で共有にするという方法もありますが、後々争いごとの原因になることも多く、あまりお勧めできません。

 このような場合に、相続財産の全部または大部分を特定の相続人が相続する代わりに、その相続人が他の相続人に対して代償金を支払う「代償分割」という方法があります。課税価格の計算は、次の通りとなります。

●代償金の支払人=相続または遺贈により取得した財産の価額-交付した代償財産の価額

●代償金の受取人=相続または遺贈により取得した財産の価額+交付を受けた代償財産の価額

 

 

 遺産分割協議書に「代償分割」として支払う旨を記載しない場合、代償金の支払いが単なる贈与であるとされ、贈与税を課税されることがあります。遺産分割協議書に代償として支払うということを明記しましょう。

 

 

納税通信 』 は、オーナー社長向け財務・税務専門新聞です。
発刊から約70年、経営者のみならず、会社経営のパートナーである税理士等専門家からも貴重な情報紙として多くの支持を得ています。

税務のご相談は増田浩美税理士事務所 までクローバー

Prev   Next