Blog

税務情報

納税通信3708号 vol.2
【会社員の不動産所得 青色特別控除(10万円)後20万円以下で確申不要?】

February 10, 2022

その他

Q2 会社員の不動産所得 青色特別控除(10万円)後20万円以下で確申不要?

 

 私は会社員ですが、昨年から不動産賃貸業を始めました。青色申告特別控除前の不動産所得は25万円で、控除後は15万円です。給与以外の所得が20万円以下に該当するため確定申告はしなくてもよいでしょうか?

 

A2 青色申告特別控除(10万円)後に20万円以下なら確定申告は不要です。

 

 源泉徴収もしくは年末調整されている年収2000万円以下の給与所得者は、給与所得(および退職所得)以外が20万円以下なら確定申告は不要です。

 この際、給与所得(および退職所得)以外の所得は、青色申告特別控除(控除額10万円)の金額により判定します。

 ご質問の場合、青色申告特別控除(控除額10万円)適用後の「給与所得および退職所得以外の所得金額」は15万円となり、その金額は20万円以下となりますので、所得税の確定申告書を提出する必要はありません。

 

 

 新たに青色申告の申請をする人は、その年の3月15日までに、新規開業した場合(その年の1月16日以後に新規に業務を開始した場合)は業務を開始した日から2カ月以内に「青色申告承認申請書」を納税地の所轄税務署長に提出します。

 

 

納税通信 』 は、オーナー社長向け財務・税務専門新聞です。
発刊から約70年、経営者のみならず、会社経営のパートナーである税理士等専門家からも貴重な情報紙として多くの支持を得ています。

税務のご相談は増田浩美税理士事務所 までクローバー

Prev   Next