Blog

税務情報

納税通信3750号 vol.1
【補助金の収益計上時期 入金時の事業年度?】

December 01, 2022

その他

Q1 補助金の収益計上時期 入金時の事業年度?

 

 先日、事業再構築補助金事業が完了したため実績を報告し、現在は支給決定を持っている状態です。実際に補助金を受給できるのは当期中か来期になるか微妙な感じです。収益計上は実際に補助金を受給した事業年度にするのでしょうか?

 

A1 支給決定時の事業年度に当期の収益として計上します。

 

 法人が国や地方公共団体から支給を受けた助成金等の収益計上時期は、「収入すべき権利が確定した事業年度」です。具体的には、「支給決定時の属する事業年度」が原則となります。

 ただし、給付金・助成金の収益計上時期は、雇用調整助成金の休業手当のような「経費支出の補填」を目的に給付された給付金・助成金は、以下のルールに基づいて処理します。

①事後的な経費補填は支給決定時の事業年度の益金に算入。

②あらかじめ経費支出の補填を前提に所定の手続きが行われたときは、経費支出の発生時の属する事業年度の益金に算入。なお、支給額が確定していなければ見積もり計上。

③将来発生する経費支出の補填のために一括で支給されたものは、支給決定時の属する事業年度に一括して益金に算入。

 

 

 新型コロナの影響を受けた事業者の多くが、補助金や助成金を受給しています。補助金や助成金の計上時期によっては大きく当期の利益が変わることもありますので、注意しましょう。

 


納税通信 』 は、オーナー社長向け財務・税務専門新聞です。
発刊から約70年、経営者のみならず、会社経営のパートナーである税理士等専門家からも貴重な情報紙として多くの支持を得ています。

税務のご相談は増田浩美税理士事務所 までクローバー

Prev   Next