Blog

税務情報

納税通信3705号 vol.2
【住宅借入金等特別控除 3千万円控除と併用可?】

January 14, 2022

その他

Q2 住宅借入金等特別控除 3千万円控除と併用可?

 

 住宅ローンを組んで新居を購入し、以前住んでいた自宅を売却しました。新居について住宅ローン控除を適用し、売却した自宅については3000万円の特別控除を適用することはできますか?

 

A2 重複はできませんので。どちらかを選択して適用することになります。

 

 マイホームを売ったときは、所有期間の長短に関係なく譲渡所得から最高3000万円まで控除ができる特例があります。

 また、住宅ローンを利用して購入したマイホームは、その住宅ローンの年末残高の合計額を基に計算した金額を、所得税額から控除する特例があります。

 ただし、これらは重複して適用することはできませんので、どちらかを選択して適用します。

 

 

 「住用財産を譲渡した場合の3000万円の特別控除の特例」について、適法に特例の適用を受けた場合、修正申告を提出してもその撤回は認められません。特例の適用を受ける際には、新居の予定等も考慮の上、検討しましょう。

 

 

納税通信 』 は、オーナー社長向け財務・税務専門新聞です。
発刊から約70年、経営者のみならず、会社経営のパートナーである税理士等専門家からも貴重な情報紙として多くの支持を得ています。

税務のご相談は増田浩美税理士事務所 までクローバー

Prev   Next