Blog

税務情報

納税通信3755号 vol.3
【道路に野立看板を設置 償却期間は何年?】

January 15, 2023

その他

Q3 道路に野立看板を設置 償却期間は何年?

 

 飲食店を経営しているのですが、少し離れた大通りに野立看板をだそうと思っています。店の前に設置している看板は3年で償却していますが、野立看板も同様ですか?

 

A3 構築物として扱われ、金属製は20年、それ以外は10年で償却します。

 

 看板を購入した場合、その形状によって「建物附属設備」「構築物」「器具および備品」と扱いが変わります。

 建物附属設備は、建物と一体となっているようなものです。ビルの外側に設置した看板がこれに該当します。耐用年数は金属なら18年、それ以外は10年です。構築物は野立看板や広告塔のような工作物で、耐用年数は金属で20年、それ以外が10年です。器具および備品は、簡易的な立て看板などです。飲食店の店頭で見るようなメニュー表示の看板のようなイメージです。また、ネオンサインや、マネキン人形、模型等もこれに該当します。耐用年数は一般的な看板やネオンが3年、マネキンや模型は2年、その他の金属のものが10年で、それ以外が5年です。

 

 

 金属が10万円未満なら固定資産処理は不要です。また10万円以上30万円未満では、「少額減価償却資産」として購入した年度に全額経費にするか「一括償却資産」として3年で均等償却することができます(20万円以上は「一括償却資産」とすることはできません)。

 

 

納税通信 』 は、オーナー社長向け財務・税務専門新聞です。
発刊から約70年、経営者のみならず、会社経営のパートナーである税理士等専門家からも貴重な情報紙として多くの支持を得ています。

税務のご相談は増田浩美税理士事務所 までクローバー

Prev   Next